ビタミンE

美肌を作るには、体の内側から美肌に必要なものをきちんと摂らなければいけません。特にビタミン類は、肌荒れしみなどに美肌効果があるので、きちんと摂取していきたいものです。

日常の食生活では摂り過ぎになることがほとんどありませんので、サプリメントなどで積極的に取っていきたいビタミンの1つでもあります。

ビタミンEとは

ビタミンEは不妊症の研究により発見されました。

ビタミンは大きく分けると水溶性のビタミンと脂溶性のビタミンに分別することができますが、水溶性のビタミンの代表と言えばビタミンC。そして脂溶性のビタミンの代表がビタミンEです。

ビタミンEの効果・効能

ビタミンEの働きは、あなたの肌の老化を防いでくれたり、血液の循環を良くしてくれて、あなたの身体の新陳代謝を活発にしてくれたりします。

シミやそばかすの原因を防ぐ

またこのビタミンEは、体内に蓄積された活性酸素の濃度を下げ、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の発生を抑える働きもあります。

抗酸化作用がある

そして、ビタミンEはビタミンCを一緒に取ると、CがEの抗酸化作用を高めてくれるので、より肌の老化防止効果が高まり、美肌を維持しやすくなります。

体内の脂質の参加を防ぐことは身体を守ってくれるということ。この働きにより体内の細胞膜が酸化することにより老化することも防いでくれますし、血液中のLDLコレステロールが酸化することにより起こる動脈硬化などの疾患を予防することが期待されているのです。

ビタミンEが不足するとどうなる?

ところで、美肌作りには欠かせない栄養素であるビタミンが不足してしまうと、どのようなお肌のトラブルを招いてしまうのでしょうか?

ビタミンEが不足している場合、あなたのお肌はシミやたるみ、シワが目立ってきます。肌の細胞の老化がすすみ、血行がわるくなり動脈硬化や脳卒中などを引き起こしてしまいます。

更には細胞膜の脂質が酸化されて損傷を引き起こしてしまうので、極稀にですが感覚障害や神経症状などが見られることがあるのです。

赤ちゃんのビタミンEが不足すると赤血球が壊れてしまい貧血を起こすことが分かっています。

ビタミンEの過剰摂取や摂り過ぎはどうなる?

ビタミンEの過剰症は出血です。サプリメントや薬の飲み過ぎには注意してください。

ビタミンEを多く含む食品

ウナギ、サンマ、イワシ、イカやアーモンド・ピーナッツ・ひまわり油

などです。

ビタミンEの摂取量目安

ビタミンE(mg)の成人1日あたりの摂取量の目安は、男性:8~9mg女性:8mgですが、多く取りすぎたからといって、特に害はないようです。

このように、ビタミン類は肌の調子を整えるだけでなく、美肌に悪い影響を与えるものをブロックしてくれたり、美肌成分の合成を手助けしてくれる優れものです。

美肌作りにはビタミンはとても重要な役割はたしてくれますので、ビタミン類は毎日しっかり摂るようにしてくださいね。

ビタミンEの副作用

ビタミンEは摂り過ぎてもよくありません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肌の老化を防ぐには

NO IMAGE

フラーレン

NO IMAGE

イソフラボンとは?成分の効果!美白効果もあります

NO IMAGE

アセロラエキス

食物繊維はダイエットや美肌だけじゃなく若返る!

NO IMAGE

セリン