ビタミンC

美肌を作るには、体の内側から美肌に必要なものをきちんと摂らなければいけません。特にビタミン類は、肌荒れしみなどに美肌効果があるので、きちんと摂取していきたいものです。

ビタミンCの特徴

1度に大量に摂取したとしても水溶性のビタミンなので、体に蓄積されずに余剰なものは尿とともに体の外に排出されてしまいます。

美肌作りには不可欠なビタミンCですが、体内に貯めることが出来ず、壊れ易い美肌成分なので、定期的に摂取していかなければ美肌への効果が薄れてしまうのです。

ビタミンCのサプリメントを摂取する時は、1日複数回に分けて摂取しましょう。

ビタミンCの効果

  • コラーゲン生成の促進
  • シミの原因となる紫外線によるメラニン合成を抑制
  • 肌を老化させる活性酸素を抑える抗酸化作用

美肌作りに欠かせない成分、そして美白効果の高い栄養素としてビタミンCがあります。ビタミンCの美肌効果は、コラーゲンの生成や維持を助けて、あなたの肌のキメを整え
身体の内側から肌にハリをもたらします。

またビタミンCには、シミや日焼けをつくる皮膚中のメラニン色素がつくられるのを「ブロック」するのと同時に、メラニン色素を淡色化する「還元作用」があり、くすんだお肌や日焼け後すぐのお肌の美白ケアに、ビタミンCはとても有効な成分です。

このビタミンC、成人の1日あたり摂取量としては 100mg ほどが望ましいとされいますが、これはレモン5個分の量ですから、なかなか簡単には摂取できるものではありませんよね。

この、美肌と美白効果のあるビタミンCの1日に必要な量を、サプリメントで簡単に摂取してもいいのですが、ローズピップというハーブも美肌に必要なビタミンCを効果的かつ手軽にとることができます。

このローズヒップは、ハーブの中でもビタミン類が豊富で、ビタミンCはレモンの10倍~20倍の量が含まれいるといわれており、別名「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれるくらいなんです。

ローズヒップには、その他にもβ‐カロテンやビタミンB・E・P、リコペン、マンガン、カルシウムなどの栄養素が豊富なので、便秘解消や生理痛や生理不順の症状の緩和など女性に嬉しい効果がたくさんあるんです。

美肌にうれしいビタミンC効果だけでなく、健康的な効果にもすぐれているこのローズヒップをお茶として飲むのはもちろんのこと、ジャムやゼリー、スープなど様々な形であなたの生活の中にとりいれて、いまよりもっとつるつるでつやつやな健康美肌を手にいれましょう。

ローズヒップのハーブティーやローズヒップを取り入れたお料理のレシピが載っているサイトがありましたので、参考にしてください。

ローズヒップのハーブティーローズヒップのお料理のレシピ

さあ、あなたもローズヒップでビタミンCをたっぷり摂って、美白な美肌になってくださいね。

ローズヒップティーは酸っぱくて苦手な人もいると思うので、そういう方にはこちらもおすすめです。

ビタミンCを効果的・効率的に摂取するおすすめ方法

ビタミンCの美肌効果が最大になるのは、飲んでから3時間後と言われています。

就寝の2~3時間前に摂取

美肌作りに効果的なビタミン Cを摂取した時、小腸からの吸収と腎臓からの排泄の関係で、摂取後3時間にビタミン Cの血中濃度が最も高くなります。

ビタミンCを身体が吸収する力は、眠っている間でも落ちませんが腎臓の血流が落ちる眠っている間はビタミンCの排出する力は低下します。ですから、眠っている間はビタミンCの血中濃度の低下の仕方がゆっくりとなるので、寝る前にビタミンCを摂るとビタミンCの血中濃度が通常より高くなるのです。美肌作りのためには、ビタミンCは就寝2~3時間前に取るようにしましょう。

ビタミンCの美肌効果としてあるコラーゲンの生成には、成長ホルモンが関係してます。成長ホルモンは、美肌を再生する肌のターンオーバーに大きく関係しているのですが、成長ホルモンの分泌は睡眠中におこなわれてます。

ですから、睡眠前にビタミンCを摂取していれば、キレイな美肌に必要なコラーゲンを作る力と、美肌への生まれ変わをよりをスムーズにしてくれるのです。

ビタミンEと併せて摂取する

ビタミンCは細胞の老化を抑えるビタミンEと合わせて摂ると、お互いのビタミンをより効果的に摂取することが出来ますので、美肌効果をさらに高めるために、それぞれ単独で摂取するのではなく必ず一緒に摂取するようにしましょう。

美肌を作るには、体の内側から美肌に必要なものをきちんと摂らなければいけません。特にビタミン類は、肌荒れしみなどに美肌効果があるので、きちんと摂取...

イオン導入器を使用する

美肌作りにおいて、紫外線がシワやシミなどの肌トラブル歩引き起こし、美肌作りのおおきなダメージを与えてしまうことは周知の事実です。紫外線が肌に当た...

ビタミンCが不足するとどうなる?

ところで、美肌作りには欠かせない栄養素であるビタミンが不足してしまうと、どのようなお肌のトラブルを招いてしまうのでしょうか?ここでは、ビタミンが不足がどんな肌トラブルを招くのか紹介します。

ビタミンCが不足している場合、あなたのお肌はシミやソバカスが目立ってきます。

ビタミンCの働きは、コラーゲンの生成や維持を助け シミや日焼けをつくる皮膚中のメラニンに働きかけ、肌の褐色化を食い止めてくれます。

ビタミンCが不足してしまいますと、美肌に必要な肌の張りなくなってきて、シワなどができやすくなりますし、ビタミンCによるメラニン色素の無色化が起こらないため、シミが目立ってきてしまいます。

その他にビタミンCが不足がちの人は

  • 歯ぐらつく
  • 出血しやすくなる
  • 切り傷の治りが悪くなる
  • 骨や歯が弱くなる
  • 軽い貧血

などの症状があらわれます。

また、体の免疫力が弱くなるため、風邪をひきやすくなってしまいがちです。

ビタミンCが多く含まれる食べ物

ビタミンCは、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類やイチゴ、ブルーベリーなどの果物、白い野菜などに多く含まれています。

ビタミンCは壊れやすく不足しがち

そして注意しなければならないことに、ビタミンCは1度に大量に取っても、体の中に長い間、蓄積されないので積極的に補給していかないと、不足しがちなビタミンなんのだということです。1日に必要なビタミンCの量は、成人男女で100㎎だいたいレモン5個分です

このように、ビタミン類は肌の調子を整えるだけでなく、美肌に悪い影響を与えるものをブロックしてくれたり、美肌成分の合成を手助けしてくれる優れものです。美肌作りにはビタミンはとても重要な役割はたしてくれますので、ビタミン類は毎日しっかり摂るようにしてくださいね。

こんな美肌作りにとても役立つビタミンCですが、人間はこのビタミンCを体内で合成できないため、必要量をすべて食事など外部から摂取するしかありません。

ストレスや喫煙などでビタミンCの美肌効果は簡単になくなってしまいます

ストレスを感じた時やタバコを吸う方は美肌のためには普通より意識してビタミンCを摂るようにしましょうね。

ビタミンCで毛穴ケア

実は、ビタミンCは皮脂の過剰分泌をコントロールしてくれる作用があるのです。つまり、毛穴の黒ずみや開きの原因となっている皮脂に働きかけてくれるので、毛穴ケアには是非取り入れて欲しい成分なのです。

毛穴ケア以外にも、コラーゲンの生成、色素沈着の抑制、抗酸化作用など美肌効果に優れているので、透明感のある肌に近づくことが期待できるのです。

ビタミンCを毛穴の黒ずみ・開きケアに取り入れていくには、ビタミンC誘導体配合の化粧品やサプリメントを利用しましょう。ビタミンC誘導体配合の化粧品は、毛穴の引き締めにも効果があります。

ただ、肌の奥底までビタミンCは届きにくくもありますので、きちんと浸透するよう丁寧にケアして下さい。

サプリメントからビタミンC

ビタミンCを栄養補助食品などで摂取しても、人間の体にとってより重要な器官である脳や内臓などに先に使われてしまうため、肌にはほとんど届かないといわれています。食事などでビタミンCを十分摂取しているつもりでも、実際に肌へ届いているのはごくわずかだったんです。
サプリメントで体の中からビタミンCを補い、肌をしっかりサポートしましょう!

化粧品からビタミンC

ビタミンCは、皮脂の分泌を抑える作用がありますが、保湿効果はありません。しかし、肌を老化させる活性酸素を消去する抗酸化作用、美白作用、コラーゲンの合成促進作用もあるので、ふっくらとした ハリのある美肌へ導きます。肌がふっくらしていると、毛穴も目立たなくなります。
また、ビタミンCはイオン導入器を使用すると浸透力が数十倍になると言われていますので、こちらもぜひオススメします。
ただし、ピリピリした刺激がしたり、赤くなるようでしたら肌に合わない可能性もありますので、その場合は使用を中止してくださいね。

ビタミンCの効果を実感できない理由の1つに毛穴の詰まり

毛穴が詰まっている人はビタミンCの効果が実感できない?

「効くって噂の化粧品使ってみたんだけど、なんか効果がないんだよね…」と言っている人には、ひとつ共通点があります。
それは与えるケアは大好きだけど、取り去るケアには興味があまり無いということ。
思い当たるフシがある人は、ビタミンCコスメに頼る前に、黒ずみや角栓を取り除き、角質の状態を整えることから始めましょう。
汚れや余分な皮脂を洗い流す洗顔、古い角質を取り去るピーリング、そして毛穴を詰まらせている角栓を溶かすオイルマッサージやパックで、与えるケアがしっかり効くようにしておくことが大切です。ここがきちんとできていないと、効くはずの化粧品も効きません。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食物繊維はダイエットや美肌だけじゃなく若返る!

NO IMAGE

化粧品に多く配合されているα-アルブチンとは?

NO IMAGE

セリン

NO IMAGE

プロテオグリカン

アリシン

NO IMAGE

ビオチンの効果は?