DHC 潤米シリーズの口コミや効果は?評判はかなり良い!

清らかに整った素肌こそ最も美しいと考えるのが日本女性に受け継がれてきた美意識。
肌のきめまでこだわり、玉のように磨かれてた素肌でありたいと願う女性たちの思いは、今も昔も変わりません。

新しい美容成分が次々と登場する現代で、あらためて見直されているのが、天然の恵みを肌に届ける自然派化粧品です。

そこでDHCが着目した素材は日本人の暮らしに馴染み深いお米です。

DHCの新シリーズ「潤米」とは?

古くから日本人は、お米の持つパワーを日々の暮らしに活用してきました。主食としての毎日の食を支えているのはもちろんのこと、他にもその使いみちはさまざまです。
お米のとぎ汁や米ぬかは高い美容効果で知られており、洗顔や化粧落とし、髪の手入れなど、さまざまな美容法に用いられてきた記録が残っています。

大和撫子が世界に誇る美しさを育んできた、お米の美肌力。そのパワーを最新の技術で最大限に引き出したコスメが潤米シリーズです。

DHCの独自成分ライスペプチド1型・2型に加えて、米ぬかを発酵させたサッカロミセス/コメヌカ発酵液エキス、コメエキスなど、コメ由来の多彩な天然成分をシリーズ共通で配合しているのが特徴。

肌への優しさにこだわり、デリケートな肌にもストレスを与えない、天然由来成分100%の処方を実現。マイルドなテクスチャーと充実した潤いで、肌への刺激をできるかぎり抑えて、肌本来の健やかさ、そして美しさを目覚めさせてくれます。

潤米シリーズの主な成分

ライスペプチド1型

米を構成するタンパク質を加水分解し抽出。1型に期待されるのは、細胞レベルでの肌の生まれ変わりをサポートする働き。スムーズなターンオーバーを助け、健やかなコンディションの維持をはかります。

ライスペプチド2型

たるみやシワの原因のひとつとして挙げられるのが変性タンパク質。これが蓄積すると細胞レベルで老化がすすむといわれます。2型は肌の変性タンパク質の除去機能にアプローチ。ふっくらとした弾力や若々しいハリの維持を目指します。

サッカロミセス/コメヌカ発酵液エキス

アミノ酸、有機酸、ビタミン類などを含む米ぬかを発酵(サッカロミセス)で発酵したエキス。肌のバリア機能にはたらきかけてキメを整え、なめらかさを導きます。

コメエキス

私たちの体内で長寿遺伝子としてしられる”SIRT1遺伝子”へのアプローチが確認されています。肌のポテンシャルを高めて弾力をフォロー。ハリを保ちます。

潤米シリーズの商品紹介

DHC潤米ソープ(DHCナチュラルモイスチュアソープ)

豊かな泡立ちで洗い上がり滑らか。純植物性の無添加窯焚き石鹸です。もっちり、ふっくらとした泡が特徴で優しく洗い上げてくれます。うるおう100%ナチュラル石鹸!

通常価格1,100円(税抜)ですがキャンペーン価格で990円に。

昔ながらの窯焚き製法を採用した、天然由来成分100%の石鹸。やわらかな泡立ちと泡切れを実現しており、肌をスッキリとクリアに洗い上げてくれます。
シリーズ共通配合の美容液成分とともに
コメヌカ、コメ胚芽油、コメデンプンなどのコメ由来成分が肌を乾燥から守ってしっとり感をキープ。毛穴の気になる肌をなめらかに整える柿タンニンもプラスしました。

窯焚き製法とは?

大きな釜に原料となる植物油とアルカリ剤を入れてじっくり煮込む、石鹸の伝統製法です。窯焚きをすることで天然の保湿成分が生じるため、完成した石鹸は洗い上がりがつっぱりにくく、しっとり、優しく肌を守ってくれます。

DHC潤米ソープの口コミ

今まで使ってきたソープの中で一番好きです。自分に合っていると思いました。泡立ちもよく、つっぱりもなく、洗顔後は鼻のてっぺんがヒカっと光る感じでした。(長谷川夕子さん・40歳)(普通肌)

あっと今にふわふわでもこもこの泡ができました。洗い流すとさっぱりしているのに、しっとりです。(棚橋志奈子さん・38歳)(乾燥・敏感肌)

※コメントは個人の感想です。

DHC 潤米ローション(DHCナチュラル モイスチュア ローション)

すぐれた浸透力でお肌のかさつきをフォローしてくれるすぐれ物。みずみずしいふっくら感をもたらしてくれる化粧水です。

軽やかなつけ心地が特徴で、豊かな潤いをチャージしてくれます。乾燥による小じわ対策は効能評価試験済みなので目立たなくなる元気な肌へと導いてくれます。

通常価格2,000円(税抜)

優れた浸透力で潤いを送りこみ、肌をみずみずしく整えてくれる天然由来100%の化粧水。シリーズ共通配合のコメ由来成分はもちろん、トコトリエノールやグリセリルグルコシドなどの保湿成分もプラス。乾燥や毛穴が気になっている肌にもすっと馴染みます。

DHC潤米ローションの口コミ

毛穴が引き締まる感じがしてさっぱりしました。汗ばむ時期にもよさそう。肌なじみも良かったです。(安永絵理子さん・29歳(乾燥肌))

肌に浸透していく感じで、さっぱりしているのにみずみずしくて良かったです。(小松知子さん・44歳(乾燥肌))

DHC 潤米ミルキーエッセンス(DHC ナチュラル モイスチュア ミルキーエッセンス)

サラリと心地よく馴染んでくれる天然のパワーを集結した極上の自然派美容液。

溢れるほどの潤いとともに、エイジングサインにアプローチして、健やかな美しさを導いてくれる濃密美容液。シリーズ共通配合の米由来成分に加えて、バリア機能をサポートするγ-オリザノールやグルコシルセラミド、更に保湿成分イノシトールなどを配合しているのが特徴。乾燥による小じわを目立たなくしながら、外部からのダメージに負けないしなやかな肌づくりを力強くサポートしてくれます。

濃密なうるおいヴェールで包み込みもっちりした柔肌へと導いてくれる美容液。

DHC潤米ミルキーエッセンスの口コミ

さっぱりとみずみずしく、よくのびる感触。普通のクリームよりも潤いが持続するので驚きました。(小林麻衣さん・35歳(混合肌))

とにかくしっとり感がたまらないです。よく伸びて、肌に入っていく感じ。もっと使用したい!と思いました。(長谷川祐子さん・40歳((普通肌))

DHC潤米シリーズのお手入れ方法・使い方

  1. 洗顔 DHC潤米ソープ
    よく泡立たてた後に、泡で顔全体を包み込むように洗って下さい。すすぎは水かぬるま湯で丁寧に行います。
  2. 化粧水 DHC潤米ローション
    コットンまたはてのひらに適量(500円玉大)をとり、顔全体に優しくパッティングします。
  3. 美容液 DHC潤米ミルキーエッセンス
    化粧水の後に、適量(1~2プッシュ)を手にとって、顔全体になじませます。

潤米シリーズのイメージキャラクター・TVCMは誰?

潤米シリーズはTVCMも放送していますが、出演しているのは女優の臼田あさ美さんです。透明感あふれる肌とナチュラルなたたずまいが印象的な彼女ですが、DHCの冊子に潤米シリーズについてインタビューが載っていたので一部抜粋させていただきます。

30代になってから肌の変化を実感中

20代の頃とは全然肌が違います。お手入れを怠ると、それが肌の状態にあらわれてしまいます。でもその分、きちんとやっただけ肌に反映されるということだから、やり甲斐もありますね。30代からの肌のお手入れは自分にあったスキンケアを見つけて長く続けることが大事だとおもいます。

潤米シリーズは私好みの軽い使い心地がお気に入り

しっとり系のコスメって、ちょっと重いように感じる事が多いんですけど、「潤米シリーズ」はそういうストレスが全く無いですね。すごくさらっとしたローションなのに、しっかり浸透してうるおしてくれます。ミルキーエッセンスも私好みの軽い使い心地で、肌がなめらかにコーティングされる感じがお気に入りです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DHCは肌を優しく守るクレンジング剤