ニードル脱毛

ニードル脱毛とは

脱毛というと、医療レーザーか光脱毛によって施術を受ける人が圧倒的に多いです。
ですから、ニードル式の脱毛については脱毛未経験者ですと、聞いた事がない人もいるかもしれません。
このニードル式の脱毛というのはニードル、つまり針を刺して脱毛を行うのです。
このニードル脱毛は効果は高いです。
今でこそ、レーザー脱毛や光脱毛が主流ですが、これらが広く普及するまではニードル脱毛が主流でした。
このニードル脱毛は医療クリニックでは絶縁針という針を使って、脱毛を行ってよい資格のある技術者が行います。
医療クリニックでは麻酔を使ってもらえます。
ですから、痛みの感じやすいVIO脱毛をニードルでやるなら、クリニックで麻酔をつかってもらったほうがよいかもしれません。
エステで行うニードル脱毛は普通の針を使って、エステティシャンが行います。
医療クリニックではありませんので、麻酔は期待できないでしょう。
このニードル脱毛というのは針を毛穴に直接刺して、そしてその針に電流を流し、毛コンにダメージを与えて毛が抜け落ちるようにするものです。
効果は高いのですが、毛穴に針を1本1本刺して処理するわけですから、時間がかかります。
ですから、今はあまり多く行われてはおりません。
ただ、このニードル脱毛は肌の黒い人や白髪、埋没毛などにはこのニードル脱毛は有効です。
脱毛のカウンセリングに行って、ニードル脱毛のほうがいいと言われた人はその理由と、痛みに対する対策をよく聞いて決めたらよいでしょう。

ニードル脱毛はどんな人向き?

現在は医療クリニックでは医療用レーザー、エステサロンでは光脱毛が主流ではあります。
が、ニードル式の脱毛というのもまだまだ行われています。
このニードル式の脱毛というのは毛穴に針を刺して電流を流して、毛根にダメージを与えるという脱毛方法です。
そのため、どうしても施術の時間も手間もかかります。
そして、麻酔を使えない場合には痛みもあります。
医療クリニックですと、様々な麻酔が用意されていたりします。
ですので、別料金にはなるでしょうけれど、痛みに関しては悩まなくても済むでしょう。
ではこのニードル式の脱毛が向いている人というのはどういうひとかというと、まずは色黒の人です。
レーザー脱毛も光脱毛も黒い色に反応しやすいのです。
よって、色黒の人ですと、反応し過ぎてやけどをしやすいようです。
そのような人にはこのニードル式の脱毛が向いているでしょう。
ちなみに、このニードル脱毛は永久脱毛の効果はしっかりと期待できます。
色黒の人のVIOやワキ毛の脱毛などにはよいかもしれません。
しかし、ニードル式の脱毛は最近では行っているところが減ってきてはいます。
やはり時間もかかりますし、痛みもともないます。
さらに、料金も高いです。
医療クリニックでも、このニードル脱毛を行っている所は多くはないようです。
特にニードル脱毛を進められなければ、他の脱毛方法でもよいかもしれません。

ニードル脱毛の施術を受ける場合の注意点

ニードル式の脱毛の施術を受ける人というのは今は昔ほどは多くはなくなったでしょう。
理由としてはレーザーや光脱毛のほうがまず、痛みが少ないです。
更に、施術の時間もかからないですし、料金も安いです。
ですから、ニードル式の脱毛を行っていない所もあるでしょう。
それでも、カウンセリングなどの結果、ニードル式の脱毛が良いと言われた場合、まず、考えておかないといけないことがありまうす。
まず1つ目ですが、ニードル式の脱毛の施術を受ける場合、その部分の毛を施術を受ける時には生やしておくように言われることが多いです。
これは生えている毛の流れを見て、針を刺すからのようです。 全身脱毛を行う場合は、ものすごく時間がかかってしまうことがあります。
このようなことを考えますと、ワキの毛などをニードル脱毛しようとする場合、真夏でノースリーブを着る時期には向かないかもしれません。
秋くらいからニードル脱毛をはじめ、1ヶ月か2ヶ月に1回通うとして5回くらいか通うとしても半年から、1年弱後くらいにきれいになっていると考えたら無理がなさそうです。
ニードルで脱毛の施術を受ける人はこの毛を生やしておいてと言われる可能性がある点には注意したほうがよいでしょう。
また、VIO脱毛などは生理の時には脱毛の施術は受けられないということも覚えておきましょう。

エステとクリニックのニードル脱毛の違い

ニードル脱毛・針脱毛はエステサロンでも、クリニックでも受けることができます。しかし施術内容は同じではありません。

エステサロンでのニードル脱毛

まず、エステサロンで行われるニードル式脱毛はエステティシャンが行います。
料金はサロンによって自由です。
出力はクリニックほど強くはないので、逆に針を刺している時間がかかります。
毛1本辺り2秒から5秒くらいかかるかもしれません。
そして、時間がかかればかかるほど、脱毛にかかる料金が負担になってくる事が多いので、注意が必要です。

医療クリニックでのニードル脱毛

それに対して、医療クリニックで行われるニードル式の脱毛というのはまず針が違います。
医療クリニックでは絶縁針というものを使います。
そして、脱毛の資格をもつ脱毛士さんが、強い出力を使って脱毛をしてくれます。
ですので、効力も高いです。
毛1本辺り1秒もかからないことが多いです。
更に、医療機関ですから、麻酔も使ってもらえます。
その麻酔の種類も数種類あることも珍しくないでしょう。
痛みの感じやすいデリケートゾーン、いわゆるVIO脱毛をニードル式で行うのであれば、麻酔を使ってもらったほうが楽でしょう。

痛みに弱い人はクリニック、費用を抑えたいならエステがおすすめ

このように、エステとクリニックのニードル式の脱毛には違いがあります。
痛みに弱い人ですと、麻酔を使ってもらえるクリニックのほうが良いでしょう。
少しでも費用を安くしたいのであれば、エステのほうが良いでしょう。
よく検討してから施術を受けましょう。

白髪がある人にはいいニードル脱毛

できれば若いうちに永久脱毛を受けてすべすべつるつるのお肌になりたいと思うのが普通でしょう。
活動的でお洒落を楽しめる時に無駄毛がないというのは多くの人が憧れることでしょう。
しかし、シニアになってからようやく経済的、精神的余裕ができたという人もいるわけです。
そして、そういう年齢の人こそ、恥ずかしがらないで、脱毛の施術を受けるべきです。
それまで一生懸命生きてきたご褒美、そしてこれからも楽しんで生きていく決意のためにシニアになってからの永久脱毛も、可能であればするべきでしょう。
シニアになっても、無駄毛は生えてきます。
若い時ほどの量はなくても、無駄毛が全くはえなくなるということはありません。
そして、年齢と共に皮膚が弱くなったりするので、自己処理では肌が荒れやすくなったりするのです。
若い時には経験のなかったかみそり負けなどをしたりする人も出てきます。
ですから、永久脱毛はおすすめです。
しかし、シニアになると白髪が増えます。
レーザー脱毛や光脱毛は黒い色に反応します。
白髪ですと、脱毛が難しいです。
そのような場合、ニードル脱毛ですと問題なく永久脱毛ができます。
自分としては少しショックなデリケートゾーンの白髪があまり若いうちにできてしまって気にしている人なども、ニードル式のVIO脱毛やうなじ脱毛をすると、気分が若返ります。
シニアに入ってからこそ、自信を持って生きるべきです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フラッシュ脱毛

NO IMAGE

妊娠中の脱毛について

NO IMAGE

おなかやバスト、ヘソ周りのムダ毛処理

レーザー脱毛

VIO脱毛

NO IMAGE

エステ脱毛と家庭用脱毛器の比較