ヒアルロン酸は効果なし?スーパーヒアルロン酸は肌に浸透する!

美肌を作るのに欠かせないないのが、肌の保湿ケアです。潤いのあるお肌は、あなたの肌を健康にし、肌荒れを引き起こす外敵からあなたの肌を守り、いつまでも美肌を育ててうてくれます。

しかし、肌の潤いを決める肌の水分量は残念ながら年齢とともにどうしても衰えてしまうもの・・・・・・・・・

年々失ってしまう肌の潤いを取り戻し、健康的な美肌を取り戻すのに有効な成分がヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は、グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種です。

ヒアルロン酸は、関節炎や角結膜上皮障害の治療薬として利用されているほか、保水力・保湿力がとてもすぐれているので、美肌作りのための化粧品などに用いられています。お肌は、表面から中に向かって、表皮・真皮・皮下細胞の順番で構成されていますが、そのなかでも真皮に特に多くのヒアルロン酸が含まれます。

ヒアルロン酸が美肌に効果的な理由

美肌作りにヒアルロン酸が有効なのは、ヒアルロン酸は多量の水と結合すると粘りのあるゲル状となり、それがお肌の水分を保ってくれるのと同時に、肌細胞のすき間を埋めて、真皮を紫外線やほこりなどの外的から守る、肌のバリア機能の1部を担ってくれるからなのです。

美肌のための必要な成分であるヒアルロン酸はもともと体内にある成分ですが、年齢とともに減少してしまい真皮でのヒアルロン酸が減少すると、肌の張りがなく皮膚の表面も乾燥して、乾燥肌やしわ、シミの原因になります。

美肌を作る有効成分であるヒアルロン酸が配合されたした化粧品を、直接肌に塗ったとしても肌の奥までは浸透していきませんが、肌の表面に膜をはって肌の水分を保持する働きはあります。

スーパーヒアルロン酸は肌に浸透する

ただ、低分子のヒアルロン酸(スーパーヒアルロン酸)は、肌にある程度は浸透するサイズといわれています。美肌作りのために、ヒアルロン酸と細胞外マトリックスを主成分とする錠剤を毎日飲むようにすると、肌のかさかさやシワが減ってしっとりしてきて、肌が
若返ってくるいう実験結果もあるそうです。

ヒアルロン酸の摂取目安量

美肌作りのためのヒアルロン酸の1日の摂取量の目安は、

◆ 20~40代で1日250mg~400mg
◆ 40代以降は400mg以上
とされています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

白金ナノコロイド(プラチナナノコロイド)で絹素肌に

NO IMAGE

フラーレン

NO IMAGE

ビオチンの効果は?

NO IMAGE

肌のターンオーバーに欠かせないヒトオリゴペプチド(EGF)

NO IMAGE

美肌成分を解説!

NO IMAGE

ザクロ果実エキスとは?期待できる美容効果が凄い