肌のターンオーバーに欠かせないヒトオリゴペプチド(EGF)

美肌とは、いつもまで肌年齢が若いみずみずしい肌のこと。そんな若々しい美肌を保っていくには、肌のターンオーバーを活発にしていく必要があります。

きれいで若々しい美肌を作る上で欠かせない肌のターンオーバーに関係している成分が、ヒトオリゴペプチドです。

ヒトオリゴペプチド(EGF)とは?

ヒトオリゴペプチド(EGF)は、Epidermal Growth Factorの略で、1962 年アメリカの生理化学者スタンレー・コーエン (Stanley Cohen) 博士によって発見された「上皮細胞増殖因子」のことです。「上皮細胞成長因子」は単純に、「細胞再生因子」とも訳されます。

ヒトオリゴペプチド(EGF)は、53 個のアミノ酸から形成される一つの線形の鎖で、皮膚の表面にある受容体と結びつき、新しい細胞の生産を促進させる、体内で形成されるタンパク質の一種です。

このヒトオリゴペプチド(EGF)は、美肌を保つ皮膚のターンオーバー(再生周期)を決定づける因子であると言えます。

肌は、ターンオーバーによって、常に生まれ変わります。この表皮細胞の再生周期(ターンオーバー)は、健康な肌ならば約28日間ですが、25歳を過ぎた頃からはこの再生周期が、28日間から42日間になってしまいます。これが、年齢と共に美肌を作りにくくしている1つの要因です。ヒトオリゴペプチド(EGF)の分泌量は、年齢を重ねるにしたがって減少してしまうので、肌の細胞の再生が遅くなってしまうと考えられます。

そうすると、肌細胞を新しいく再生しきれなくなってしまい肌にシミを残したり、角質層が厚くなってカサカサやシワが目立つようになってくるのです。

美肌を作るためこのヒトオリゴペプチド(EGF)を補給し、肌の細胞の新生を促進することができれば、年齢とともにやってくる肌の老化現象である、シミやシワを予防でき、あなたのお肌をハリと滑らかさのある若々しい美肌を保つことが出来るのです。しかもこのヒトオリゴペプチド(EGF)は、細胞内で飽和状態になった場合、それ以上取り込まれることはありませんし、もともと人間にある成分なので、副作用のない安全な成分だと考えられています。また、発見者であるスタンレー・コーエン (Stanley Cohen) 博士は、この発見のおかげでノーベル賞を受賞しています。

ただしこのヒトオリゴペプチド(EGF)は、2005年秋に認証された新しい美容成分でまだ情報が少ないので、肌の弱い方が使う場合はメーカーに確認してみてくださいね。あなたも、美肌のためのスキンケアに、このヒトオリゴペプチドぜひ効果的に使ってください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

注意したい化粧品の成分!使い方によっては危険な副作用も

NO IMAGE

アセロラエキス

NO IMAGE

肌の老化を防ぐには

ヒアルロン酸は効果なし?スーパーヒアルロン酸は肌に浸透する!

アリシン

NO IMAGE

コエンザイムQ10