コエンザイムQ10

コエンザイムQ10(CoQ10)は、白金ナノコロイドとともに肌の老化を防いで美肌を維持する抗酸化作用が強いアンチエイジング物質として注目されています。

コエンザイムQ10とは、全身の60兆個の細胞一つ一つに存在していて、心臓、肝臓、腎臓には特に多く含まれるています。

コエンザイムQ10は、肌を老化させ酸化ストレスを生む、活性酸素などの脂質過酸化物に対して、ビタミンCなど他の抗酸化物質とともにいち早く働き、細胞の老化を防いでくれます。

そして、コエンザイムQ10が存在する間は、活性酸素などの脂質過酸化物の生成がはほぼ完全に抑えられるのです。

つまり、抗酸化力が非常に強いコエンザイムQ10が体内に充分に存在すれば血管や脂質、肌の細胞の酸化(老化)防止に役立つということです。

この抗酸化作用が強いコエンザイムQ10は、もともと体内でビタミンB群、ビタミンC、パントテン酸等によって作られます。

このコエンザイムQ10を体内で作る能力が充分あれば、普段の食事以外にコエンザイムQ10を特別に摂取する必要はありません。

むしろコエンザイムQ10を多く摂りすぎてしまうと、体内の生合成機能が落ちてしまいます。しかし、体内でのコエンザイムQ10の生合成能力は、20歳前後をピークに

急激に低下していき、40歳前後からコエンザイムQ10の生合成能力の減少が更に加速するともいわれています。

ですから、肌の老化を防ぎいつまでも美肌を維持していくには、体内で作る事できなくなったコエンザイムQ10を補給してあげる必要があるんですね。

また、コエンザイムQ10は、高血圧の防止や血管に溜まったコレステロールなくしてくれる働きもあるため、健康上の理由からも高齢になると、より多くのコエンザイムQ10)が必要となります。

健康維持や肌の老化防止、美肌作りのために、コエンザイムQ10を摂取する場合、目安として1日30~60mgが推奨されています。

ただし、コエンザイムQ10は食品には極微量しか含まれていないので、30mgのコエンザイムQ10を摂るには、イワシ6匹、牛肉では約950g、ピーナツでは約1,150gが必要です

それに、コエンザイムQ10は吸収されにくい性質があるので、サプリメントで摂る場合はコエンザイムQ10の含有量が30mg以上でも、何らかの吸収を助ける工夫がされている製品を選ぶようにしてくださいね。

コエンザイムQ10は、もとも体内に存在する補酵素ですので急激な毒性などはありませから、副作用はまずありません。

しかし、コエンザイムQ10を単独で大量(常識を遙かに越える量)に摂った場合の安全性は確認されておりませんので、1日の摂取量の目安はきちんと守ってください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

パパイン酵素の効果とは?カプセル化パパイン酵素

NO IMAGE

ビタミンB

NO IMAGE

肌のターンオーバーに欠かせないヒトオリゴペプチド(EGF)

NO IMAGE

フラバンジェノール

NO IMAGE

ビタミンA

NO IMAGE

アセロラエキス