ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは?

「ケミカルピーリング」とは、化学物質(ケミカル)を使って肌表面の古く汚れた角質を剥がし(ピール)、くすみやシミ、シワを失くしていく美肌方法です。

美肌作りの重要な要素として、古くなった角質層をいつまでもお肌に残さないようにするというのがあります。

健康的な美肌であれば、ターンオーバーによって古い角質層は自然に剥がれ落ちていくのですが、トラブルがちなお肌や老化した肌はターンオーバーが乱れがちで、古い角質層がいつまでも剥がれ落ちず、美肌作りに悪影響をあたえます。そんな時、「ケミカルピーリング」を行えば、肌はきれいな美肌に生まれ変わることができるようになります。

ケミカルピーリングの必要性

健康で美しい肌は、通常、約28日の周期でターンオーバーが行われ、肌が新しく生まれ変わります。

しかし、紫外線やストレス、老化、不規則な生活などが原因で肌のターンオーバーが乱れると、肌の生まれ変わりが正常に行われず、古い角質が肌の表面に蓄積されます。すると、古い角質が邪魔をして、皮脂が毛穴から排出されず、毛穴が詰まり、それにより毛穴の開きや、黒ずみ毛穴の原因になります。

ケミカルピーリングは、酸など皮膚に障害を与える液体を使って、角質や表皮、さらには真皮までをも化学的に溶かし、新しい皮膚の再生を促す治療法です。これにより、肌の新陳代謝を促し、ターンオーバーを正常に戻すことで、肌自らが新しい肌を産生できるようにすることがケミカルピーリングの目的です。

ケミカルピーリングの効果

毛穴引き締め効果

ケミカルピーリングは、毛穴の中の汚れを溶かす作用があります、毛穴に汚れや皮脂が詰まった「目詰まり毛穴」や、詰まりによって開いた「開き毛穴」などを改善します。

皮脂分泌を抑制

ケミカルピーリングは、皮脂の分泌を抑える効果があるので、過剰な皮脂分泌が原因の「開き毛穴」、皮脂が詰まった「目詰まり毛穴」、「目詰まり毛穴」が悪化した「黒ずみ毛穴」などを改善します。

水分保持力アップ

ケミカルピーリングを繰り返し行うことで、肌の新陳代謝が活発になり、肌本来の水分保持力がアップするため、肌がふっくらとし、「たるみ毛穴」が目立たなくなる効果があります。

有効成分を肌の奥に浸透

毛穴トラブルに良いとされる化粧品をいくら使っても、その毛穴が古い角質で覆われていては効果は半減してしまいます。ケミカルピーリングを行うことで古い角質が除去され、有効成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

ケミカルピーリングの効果は凄い

一般的な美容化粧品は、あくまで美肌でいられるように予防するためのものですので、出来てしまったシミやシワに劇的ななくし、美肌を取り戻すような効果は望めません。
シミ・シワに悩んでいて、少しでも早く美肌となりたいのであれば、そこで処方される薬などとともに大きな効果・予防をもたらす「ケミカルピーリング」という美肌方法についても考えてみてはいかがでしょうか?

ケミカルピーリングは何回かやる必要がある

「ケミカルピーリング」という美肌方法は、ターンオーバーが滞り古くなった角質に酸を浸透させ一時的に炎症を起こさせます。すると肌は炎症部分を治そうとし、美肌成分であるコラーゲンを増加させます。この作用で、肌の新陳代謝は活発になり、ターンオーバーの周期が正常に戻るので、きめ細かい瑞々しい美肌が蘇ってくるのです。

ケミカルピーリングと言う美肌方法は、その人の使用目的に合わせて、浸透させる深さ・回数などを決めていきます。化学物質の浸透が浅ければ日常生活に支障は起きませんが、
美肌作りのためには回数を重ねる必要があります。

逆に化学物質を薄いかさぶたができるくらいまで浸透させれば、肌全体にかさぶたが出来ますが、しみやしわといった肌トラブルが大幅に改善することを期待できるので、きれいな美肌を作ることが出来るのです。

ケミカルピーリングで失敗するのが怖い

この「ケミカルピーリング」という美肌方法は、現在はエステティックサロンなどでも行われていますが、この美肌方法は純医療行為であるため、安全性も考慮するとやはり医療機関である美容外科で行なうのがいいでしょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

にんにくはなぜ臭いのか

アサヤケ モイストホットクレンジングがお試しモニター募集中!7日間のサンプルが5...

笑顔のために心がけること!笑顔の作り方のコツ

バオバブイングリッシュで本当に英語脳になる?口コミ調査

パピュレ Papureの気になる口コミや効果は?気になる胸元・デコルテニキビをこ...

DDmore / オールインワン美容液DDmoreのお試し・モニター!サンプル価...