ビオチンの効果は?

美肌作りには、ビタミン類がとても重要な役割を果たしています。

美肌の天敵である紫外線や活性酸素の影響をなくし、肌の保湿においても深い関係があるのがビタミン類ですが、その中でも、肌のためのビタミンと言われている成分があります。

ビオチンとは?

ビオチンとは、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの1種で、ビタミンB7とか ビタミンHとも呼ばれています。

ビオチンはの別名は、「お肌のビタミン」あるいは「皮膚のビタミン」で、飲むスキンケアといわれる成分です。

ビオチンの効果・役割は?

ビオチンは、糖質や脂質、たんぱく質、脂肪酸、アミノ酸の代謝に深くか関わっていて、体のエネルギーをつくりだす役割をしています。

またビオチンは、細胞の成長や神経組織にも必要な成分で皮膚の基底細胞下にある毛細血管を太くして血流を上げることが判っているため、血糖値の維持や髪や皮膚の維持、貧血予防にも効果があるとされています。

なぜならビオチンは、肌のターンオーバーを正常化するのに大きな役割をもち、細胞に十分な栄養補給と老廃物の排泄をおこない皮膚や髪を健康に保つ働きがあるためです。

ビオチンが不足すると肌トラブルだけでなく、様々な病に

ですから、ビオチンが不足してしまうと肌はコラーゲンの生成を低下させてしまいますし、免疫バランスを調整する栄養素でもあるので、皮脂の分泌を調整することができにくくなりニキビができやすくなってしまいます。ビオチンは、動物の肝臓やゆでた大豆・いわしやサバなどの缶詰に多く含まれますが、体内で合成されるため通常の食生活において欠乏症は発生しません。

しかし、偏食や不規則な生活・便秘、ある種の抗生物質や睡眠薬などにより、ビオチン生産が抑えられると、皮膚炎や結膜炎、脱毛や白髪、筋肉痛、疲労感、うつ病などの症状がでてしまいます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肌のターンオーバーに欠かせないヒトオリゴペプチド(EGF)

NO IMAGE

アロエエキスには便秘や美肌効果有り!アロエで医者いらず!

NO IMAGE

美肌成分を解説!

食物繊維はダイエットや美肌だけじゃなく若返る!

NO IMAGE

白金ナノコロイド(プラチナナノコロイド)で絹素肌に

NO IMAGE

セリン