インドの伝統的医学アーユルヴェーダとは

体と心の調和をもたらす5000年もの歴史を持つ
インドの伝統的医学

女性を体の内側から美しく健康にすることで注目されているのがアユールヴェーダ。肉体と精神のバランスを整えることで自然治癒力を高め、体だけでなく心も健やかに!

アーユルヴェーダとは

世界保健機構(WHO)も認める「世界三大伝統医学」の一つ

アユールヴェーダとは、サンスクリット語の”Ayus”(アーユス=生命、寿命)と”Veda”(ヴェーダ=科学、知識)の複合語で、「生命の科学」、「長寿の知識」という意味を持つインドの伝統的医学。
「病気の治療」が主となっている西洋医学とは異なり、病気になりにくい体と心、環境を作る「予防医学」中心となっています。つまり、病気をしない体作りに加えて、ストレスのない健やかな心、それらを育む食生活や運動などの環境作りといった全体でバランスを整える考え方なのです。
また、体が不調を起こすのは体内に溜まった毒素が原因であると考えられており、この毒素を症状に沿った方法で体外に排出するのがアユールヴェーダの施術の一つです。

症状に応じてハーブやオイルをふんだんに使う治療法

症状に応じてさまざまなハーブやオイルなどを使い、治療を施すのがアユールヴェーダ。
代表的なものを挙げると、「アビヤンガ」と呼ばれるオイルマッサージでは、体質や症状に合わせたオイルを使い、体内に溜まった毒素を溶かしていきます。
また、温めたオイルを額にたらす「シロダーラ」は、脳の疲労や頭痛、不眠症などを緩和。
「カティバスティ」や「ネートラタルパナ」は、患部周辺に小麦粉で土手を作り、温めたオイルを満たして痛みを和らげます。
このほか、温めたハーブボールを使ってマッサージをする「ピンダスヴェダ」や、少しハードですが、「バステイ」と呼ばれる浣腸法などもあります。
どれもオフィスワークなどで疲れた体に出るさまざまな症状の緩和だけでなく、リラクゼーション効果による癒しも期待できる治療法です。

アーユルヴェーダのQ&A

どんなオイルが使われるの?

アユールヴェーダの理論に基づいた生薬が含まれたオイルが使われ、その種類は、100種類以上にもおよびます。化学物質や添加物は使用せず、天然のものだけで作られます。

食後に施術しても大丈夫?

気分がすぐれなくなることもありますので、空腹は避け、なるべく食後1時間以上は空けてからの施術するのがベストです。また、施術前の飲酒も避けましょう。

施術後の注意事項は?

暴飲暴食や飲酒などを避け、ゆっくりと過ごしてください。また、毒素が出やすくなっているので、温かい飲み物を飲んだり、お風呂に入って汗をかくこともおすすめです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ハワイの伝統的なロミロミマッサージとは

NO IMAGE

リラクゼーション効果をもたらすストーン・トリートメントとは

NO IMAGE

韓国式サウナ汗蒸幕とは

NO IMAGE

韓国伝統の美容法、垢すりとは

NO IMAGE

古い歴史を持つよもぎ蒸しとは

NO IMAGE

お姫様気分満点のフラワーバスとは