リラクゼーション効果をもたらすストーン・トリートメントとは

ストーン・トリートメントに期待できる効果は、リラクゼーションをはじめ、冷え性や肩凝りなど現代病ともいえるストレスの緩和!自己治癒力の高い体をつくりましょう

ストーン・トリートメントとは

ホット&コールド、体の症状に合わせて選べる2種類のトリートメント

天然の石を体に置いたり、石とオイルを使って体をマッサージするのがストーン・トリートメント。石を50~60℃に温めて使うホット・ストーン・トリートメントと、氷水などで石を冷やして使うコールド・ストーン・トリートメントの2種類があります。
体を深部から温めたいなら、ホット・ストーン・トリートメントがおすすめです。使われる石は、玄武岩など火山岩。内部の密度が高いので、熱が冷めにくいことから遠赤外線効果があります。
一方、体を引き締めたり、クールダウンさせたい場合には、大理石や翡翠を使うコールド・ストーン・トリートメントがおすすめ。
ストレスフルな人に特に人気があるのは、ホット・ストーン・トリートメント。また、ホットとコールドの両方を交互に行うものも代謝を高める効果がアップします。

遠赤外線効果が体と心を芯から温め、ストレスや緊張を和らげる

ホット・ストーン・セラピーが人気の理由は、その高いリラクゼーション効果!
石が持つ遠赤外線効果が体の奥深くにまで伝わり、血液やリンパの流れを活発にして代謝を高めてくれます。これが疲労やストレス、筋肉の緊張を緩和し、自然治癒力を高めてくれるのです。
その効果は、現代女性の多くが抱えるさまざまなストレス症状にアプローチ。冷え性やむくみのひどい人をはじめ、肩凝りや不眠といった症状のほか、代謝が高まるため、ダイエットにもつながるデトックス効果にも期待できるという女性なら嬉しいことばかり!
石を置く場所は、疲れの出やすい肩や肩甲骨、腰など背中をはじめ、目やお腹の上に置いたり、手や足の指に挟むなどさまざまです。
施術後は、温泉に入った後のように体がポカポカとし、まさに地球のエネルギーを肌で感じられます。

ストーン・トリートメントのQ&A

玄武岩ってどんな石?

パワースポットとしても名高いアメリカのアリゾナやハワイ・マウイ島の火山岩です。鉄分やマグネシウムなど鉱物を多く含み、熱が冷めにくく、高い遠赤外線効果が特徴です。

ストーンは痛くない?

石は研磨されているため、表面はつるつるで滑らか。トリートメント時にはオイルが使われるので滑りも良く、痛みはありません。もし、痛みがあればセラピストに伝えましょう。

ストーンは熱くない?

石の温度は50~60℃ですが、じんわりと体の奥深くまで温まる程良い温度になっています。温度管理はされていますが、もし、熱すぎる場合にはセラピストに伝えましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

韓国式サウナ汗蒸幕とは

NO IMAGE

足裏をマッサージするリフレクソロジーとは

NO IMAGE

インドの伝統的医学アーユルヴェーダとは

NO IMAGE

天然植物成分を配合したクリームバスで美しい髪を手に入れる

NO IMAGE

お姫様気分満点のフラワーバスとは

NO IMAGE

ハワイの伝統的なロミロミマッサージとは