「桑ポリス」は糖尿病にお悩みの方へおすすめ!大学教授が開発した血糖値を下げるサプリメント

糖尿病にお悩みの方におすすめ!「桑ポリス」は医療学会で血糖値を下げる効果が発表されて注目を集めているサプリメントです!

平成24年度糖尿病実態調査によると、糖尿病が強く疑われる人は約950万人であり糖尿病の可能性を否定できない人は1100万人、合計で約2050万人です。平成19年の2210万人と比較すると減少しているものの依然高い数値を表しています。

現代の糖尿病は、ライフスタイルの自己管理失敗によって起きる生活習慣病で、現代の日本では中高年の4人に1人が糖尿病と言われる時代を迎えています。私達日本人を含めた東洋人は、体質的にインシュリン(インスリン)を作る能力が、長年肉食文化を続けてきた欧米人と比較して低く、糖尿病になりやすい体質と言われています。体質に加え長年の生活習慣(食生活・運動不足・過労・ストレスなど)が関係しています。最近ではペットボトル症候群(清涼飲料水の飲み過ぎによる急性の糖尿病)が子供や若い男性に急増して問題になっています。



桑ポリスはこんな人におすすめ!

  • 数値の不安を何とかしたい!
  • 血糖値を下げて、もっと充実した食生活を送りたい!
  • 大好物をお腹いっぱい食べたい!

「桑ポリス」は糖尿病患者12名に30日間の臨床試験をした結果、 内91%(11名)の方がヘモグロビンA1Cの数値が下がるという結果が出ており、 その有用性が多数の学会・フォーラム等で紹介され、話題を呼んでいます!

桑ポリスは3つの大学で共同開発されたドクターズサプリ

玉川大学の八並教授、昭和薬科大学の小野寺教授、山陽学園大学の村田教授らの研究によって、相模原市産の桑を原料として、高濃度桑葉エキスを抽出することに成功しました。桑の葉エキスと機能的に相乗効果の有る素材を探し続け、トップクラスのブラジル産プロポリスにたどり着き、これらを融合して誕生したのが桑ポリスです。

桑ポリスの成分解析(分析)

桑葉エキス末(桑葉エキス、デキストリン)、プロポリスエキス末、食用油脂、ゼラチン、グリセリン、コメヌカロウ、グリセリン脂肪酸エステル、植物レシチン(大豆由来)

多数の医療・薬学系の学会やフオーラムで発表され話題を集めている糖と上手に付き合うための生活向上サプリメント「桑ポリス」

「桑ポリス」は特殊製法により精製された桑葉を高濃度濃縮(特許製法)することで、市販の桑葉に比べ130〜300倍ものαグルコシターゼ阻害活性(IC50値)をもつ桑葉工キスと、世界トップクラスとされるスペシャルグリーンプロポリスを融合した、玉川大学の八並教授、昭和薬科大学の小野寺教授、山陽学園大学の村田教授らの研究によって開発されたサプリメントです。この特許製法による融合は多数の研究学会で発表され、大きな話題を呼んでいます。数多くの桑茶・桑の葉サプリ・プロボリス液は出回っていますが、この特許製法による結合は桑ボリスだけ。飲みやすいソフトカプセルなので続けやすく、更に今なら全額保証付きなので安心です。

α-グルコシダーゼ(消化酵素)の阻害に活躍してくれる桑葉特有成分DNJ

桑葉特有成分DNJは、ブドウ糖ととても良く似た構造をしていて、α-グルコシダーゼ(消化酵素)の阻害に活躍してくれると注目を集めています。例えばごはんやパンなどの炭水化物を食べると、それらは一旦オリゴ糖などの単糖類に分解され、小腸で吸収o-グルコシダーゼによってブドウ糖に分解します。これが食後の血糖値上昇の理由となるのですが、DNJにはα-グルコシダーゼを阻害する性質を持っているため、ブドウ糖への分解を抑制する結果、食後の血糖値の上昇を防ぐと言われています。

ミツバチが作り出す「プロポリス」

インスリンとは、すい臓から出る体内ホルモンの一つで、血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンです。食後に上昇する血糖に対応してインスリンが分泌されますが、糖尿の人はインスリンが効きにくい状態(インスリン抵抗性)になっています。この状態が長く続くと、インスリンを分泌する腔臓が疲労困態し、ゆくゆくはインスリンを分泌する力がなくなり、血糖値が下がりにくい状態が続きます。ミツバチが作り出す天然成分の一つであるプロポリスは、腔臓でインスリンを分泌する細胞であるB細胞の保護、インスリンの分泌促進、インスリン受動態の過酸化を抗酸化成分で保護する受動態の保護、とこの3つの作用点によって体質的(遺伝的)なインスリンが効きにくい状態(インスリン抵抗性)を助けると言われています。

スペシャルグリーンプロポリスを採用

プロポリスは世界的にも名高いブラジルのミナス・ジエライス州の特定の地域にのみに自生する口ーズマリーに似た植物「アレクリン」を起源とするプロポリスを使用しています。プロポリスは、アレクリンガ多く含まれるほど緑が濃くなり、より上級ランクとみなされ、高額取引されます。桑ボリスには最高ランクとされるSG(スペシャルグリーン)ランクのプ口ボリスが使用されています。

桑ポリスの開発技術について

不可能と言われた桑茶を高濃度凝縮に成功

桑ポリスに含まれる桑葉工キスは、玉川大学八並教授の研究による特殊製法技術により、本来加工を加えることで非常に劣化しやすい高級国産桑葉を、高濃度濃縮しても劣化させずにその状態を維持することに成功。この技術は製法特許を取得しており、この製法をもって濃縮された桑葉工キスは、通常の桑茶の約130〜300倍もαグルコシターゼ阻害を強めることが可能になります。



2型糖尿病の治療法は?

2型糖尿病の原因には遺伝や高力ロリー、高脂肪食、運動不足などにより引き起こされる「インスリンの作用不足」が考えられますので、糖尿病の治療法は、基本が食事療法と運動療法になります。それでも症状が改善されない場合は薬物療法が補助的に行われ、薬剤を投与して血糖値をコントロールするのが一般的です。これまではインスリン注射やSU剤が主流でしたが、最近αグルコシターゼの働きを抑える薬が患者への負担が少なく注目され、インスリン非依存型糖尿病(糖尿病の90~95%を占め、40歳以上の人に多い)の患者に特に効果が期待されています。しかしながら糖尿病の治療薬には副作用のリスクも確認されています。インスリン抵抗性改善薬には肝障害のリスクがあると言われるほか、αグルコシターゼ阻害薬には下頻画、軟便、便秘、腹痛、食欲不振、唱吐などがあると言われています。糖尿病の進行具合によっては、投薬による治療を避けるために食事療法と運動療法で改善(問題の解決)を目指される方も少なくありません。ここで重要になってくるのが高力ロリー・高血糖を引き起こす食事を改めることもさることながら、その食品成分でαグルコシターゼの働きを抑えることやインスリンの働きを助けることも非常に重要です

最も注目を集めているαグルコシダーゼを阻害する治療方法

薬に頼らない治療法として注目するべきは、やはり根本的に糖尿病原因を作った食事にあると思います。食事の中で高力ロリー・高脂肪食を控えることはもちろんの事、食品成分でこのdグルコシターゼの作用を抑制すれば、肉体的苦痛や副作用を伴わずに血糖値のコントロールが可能となります。αグルコシターゼとは、食事により摂取された炭水化物をブドウ糖などの単糖類にまで分解する酵素で、このαグルコシターゼの作用を抑制することで、糖の分解吸収を遅らせますので、食後の急激な血糖の上昇の抑制が可能になります。近年こうした観点からの食事療法にも注目が集まっています。

桑ポリスは安全?品質保証マークが3つもあって安心

桑ポリスは、高い品質を保つために、徹底した管理体制のもと製造しているそうです。

原料受入れ試験→検品→製品開発→本生産

GMP

原材料の入荷から製造、最終製品の出荷に至るすべての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められた品質管理の基準

HACCP

食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因(ハザード:Hazard)を分析し、それを最も効率よく管理できる部分を連続的に管理して安全を確保する管理

有機JAS

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず、自然界の認定機閔名力で生産された食品を表すマーク。

桑ポリスは定期が一番お得!

定期購入なら送料無料、決済手数料も無料なので楽天やAmazonよりお得!

桑ポリス定期購入

定期購入の解約は10日前までに電話の申し出が必要。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒梅日和を実際に飲んでみた口コミ!効果は?

NO IMAGE

心に効く休息サプリ「メンタルン」ってどんなサプリなの?口コミや評判はどうなのか?

美泉すっぽんの口コミ!成分や効果は?

牡蠣美人を辛口でぶった切ります

NO IMAGE

バイオノーマライザー 40年愛され続ける青パパイヤ発酵食品サプリ

富士フイルム 飲むアスタキサンチンが激安!お試し・トライアル7日分もあるよ!