家庭用脱毛器ランキング|自宅で簡単!

自宅で簡単に使うことが出来る家庭用脱毛器が大人気です。
今多くの家庭用脱毛器が販売されています。そこで当サイトでは、口コミ、機能、価格などから順位付けしたランキング形式で家庭用脱毛器をご紹介いたします。
判断した人気ランキングです!

ノーノーヘア
ノーノーヘアシリーズは、全世界で250万台以上を売り上げている大ヒット商品で日本で一番売れている脱毛器です。脱毛の方式は、サーミコン式、なのでまったく痛みを伴いません。痛みに弱い方や手ごろな価格の脱毛器を探してる人にぴったりの脱毛器です。
使い方は、脱毛したい部分にローラーを滑らせるだけですので、ちょっと脱毛しにくい部分なども問題なく使えます。
本体は充電式で、あとからカセットを購入す無ければいけないといったこともありませんので、コストパフォーマンスが高いのも特徴です。
今なら、14日間の全額返金保証がありますので安心してご購入できます。
ケノン
楽天市場の家電部門で第1位の商品です。照射面が大きい事や、肌に優しい6連射機能などがありもっとも人気のある家庭用脱毛器です。
ケノンは、イーモリジュを更にパワーアップした脱毛機器で、特に、一瞬で100本以上の無駄毛を処理できるものはほかの製品にはありません。
また、足や腕だけでなく、ワキ、顔、背中、Vライン、男性のヒゲまでも処理する事が出来る点も人気の理由です。
イーモリジュも大変優れた家庭用脱毛器でしたが、ケノンは更に高機能!1カートリッジで38000発分使うことができ、1ショット0.20円でコストパフォーマンスが高い点もお勧めです。
今、当サイトから申し込むと、眉毛・Vライン脱毛器付きで24200円引き
トリア
レーザー脱毛器です。毛深い人でも、綺麗に脱毛する事が出来ます。充電式ですから、維持費が掛かりません。
コストパフォーマンスが非常に高い脱毛機器です。30日間返金保障が付いていますので、安心して注文する事が出来ます。

自分にあった家庭用脱毛器を選びましょう

肌の露出が増える、春や夏はもちろん、秋や冬でも無駄毛は気になります。エステでの脱毛は綺麗に仕上がりますが、金銭的に大きな痛手となる事があります。そういった場合は、家庭で出来る脱毛がお勧めです。一般的には、かみそり、毛抜き、脱色などが多く使われます。
かみそりは手軽ですが、肌が傷みます。また毛が伸び始めたときにチクチクするという欠点もあります。毛抜きは痛いですし、時間が掛かります。
そこで最近人気を集めている脱毛方法が、家庭用脱毛機器です。家庭用脱毛機器は、肌をいためずに脱毛を行なう事ができます。
一昔前までは、高額商品であることが多かったですが、最近は高性能な機械が低価格で手に入ります。
仕上がりも綺麗ですし、太い毛でも処理する事が可能です。
そのため、最近脱毛機器が大人気になってきているのです。多くの機器が販売されていますので、ご自身にあった商品を選ぶ必要があります。
本体価格や、カートリッジ代、使用回数、機能などトータルで判断して、もっともご自身に合う商品を見つけましょう。

家庭用脱毛器と脱毛サロンどっちが良い?

エステで行なう脱毛には、約40万円が必要といわれています。しかし家庭用脱毛機器の場合は、5万円前後の商品が多いです。機能により価格は変わってきますが、40万円も掛かる機械はそうそうにありません。カートリッジを取り替えることで、何回でも使うことができ、とても経済的なのです。また、家庭用脱毛器の場合は、空いた時間に自由に使うことができます。店舗に出向く必要がありませんので、お風呂上りなど空いた時間に行なう事ができます。商品にもよりますが、痛みが少なく短時間で終わる事が出来る脱毛器が多いです。忙しい方や、サロンに行くのが面倒な人には、家庭用脱毛器がお勧めです。

家庭用脱毛器を選ぶポイント!

エステで脱毛出来ればいいのですが、金銭的にかなり大きな負担になります。そこで最近人気を集めているのが家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器は、エステで行なう脱毛のように綺麗な仕上がりになります。そのため大人気商品なのです。しかしあまりにも人気が出た為、多くの商品が販売されるようになりました。それぞれに特徴があり、どの商品を選んだらよいのか迷っている人もおられる事と思います。そこで、家庭用脱毛器を選ぶ時のポイントを紹介して行きます。

カートリッジの価格

フラッシュや光脱毛の場合、カートリッジを取り替える必要が出てきます。
カートリッジの価格は各会社により異なりますので、必ずチェックしてください。
その際に、1つのカートリッジで何発使えるかのチェックも大切です。
例えばカートリッジ代が安くても、使える回数が少ない場合、結果的に高くつくことがあるからです。
使用回数と金額は必ずチェックしましょう。

使える部位

家庭用脱毛器は、機械により使える部位に違いがあります。
腕や足はたいていどの機械も使用可能です。しかしVラインなどのデリケートゾーンや顔になると、使用できる機械が限られてきます。
ですから、ご自身が処理したい部位が使えるかをチェックしておきましょう。

照射口の大きさ

家庭用脱毛器は、各機械により照射口の大きさに違いがあります。
大きい方が、1度に処理できる範囲が大きいということになります。
ですから、なるべく照射口の大きな機械を選ぶ事をお勧めします。

機能が充実しているか

各機械により、機能に違いがあります。
安全性が高い機械、美顔機が使える機械、連射が出来る機会など多種多様です。
ですから、一通りどういった機能があるのかをチェックしましょう。

これらは、最低限チェックしておいて下さい。また、口コミ情報をチェックしてみる事もお勧めです。
企業のホームエージには、当然良い事しか書かれていません。
しかし口コミ情報は、使用した人の感想ですから、生の声を知る事ができます。
痛みが強いとか、無駄毛の処理能力が低いなどの欠点がある場合は、口コミ情報で見ることができます。
口コミ情報や企業のホームページを見て、最もご自身の需要に合う商品を選んでください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

脱毛サロン・エステ脱毛のよくある質問をまとめてみた|脱毛知恵袋

NO IMAGE

トリア

NO IMAGE

パナソニック脱毛器 ソイエの口コミ評価

NO IMAGE

ノーノーヘア