お金を借りる方法!おすすめはこれ

ノーローンでお金を借りる

お金を借りるときに、いろんな金融機関の広告などに目を通していると、無金利キャンペーンといったものに触れることがあります。
無金利キャンペーンとは、文字どおり、期間を設けてその期間中に借り入れ申し込みをすると利息なしで借りられるということです。
もちろん、ほかの条件なども設定されていて、それをクリアできていなければ利用することはできません。
ただ、借りる側にとってはたいへんありがたいサービスであることは間違いありません。
無金利で借り入れることのできるサービスは、カードローンを申し込む際になどに多く、ノーローンといったサービスなども展開されています。
ノーローンは、一週間以内に返済すれば、無利息になるといったサービスです。
このノーローンのサービスはたいへん人気を得ていますが、それは、まず一週間で返済すれば無利息になり、その次の月も同じようなサービスになっているからです。
つまり、お金を借りて一週間で完済して、同じように次の月も利息なしで借りることができ、それを何度も繰り返して利用できるということになっているのです。
金融機関にとっては、回収が早ければリスクは少なくなります。
そこで、このノーローンの利用を契機として、顧客にカードローンの利用幅を広げてもらい利用機会を増やしてほしいということなのです。
この無金利のカードローンのほかにも低金利カードローンというものも取り扱われています。
無金利の借り入れの利用条件の合わない場合は、こちらを利用することも考えていいでしょう。

レディースローンでお金を借りる

お金を借りることに消極的な人はかなりいるようです。
それは、返済のことを考えると、お金に対する自由が大きく制限されてくることから、何とか避けたいという気持ちが働いているようです。
そこで、自分でも現金主義といったことを口にしたりします。
しかし、そのような気持ちとは別に、借りたい気持ちはあっても、対面的な問題に縛られて借りることに遠慮があるという人もいるようです。
たとえば、女性の場合などです。
お金を借りる場合、自分の個人情報を金融機関の男性担当者に知らせたり、在籍確認などの電話が会社にかかってくるのが嫌であるといった理由などがあるようです。
もちろん女性でも、安定した収入があること、定まった住所があることなど、男性同様に借り入れの際の条件をクリアしていれば借りることはできるのです。
女性がこうした金融機関でお金を借りることを避けたいと思うのは、申し込み自体の敷居が高いといった感覚があるからのようです。
そこで、最近ではレディースローンなど、女性専門の金融サービスが展開されています。
レディースローンは、女性専門を謳ってあるため、男性は利用することができません。
しかし、女性だからといって、金利面で優遇されていたりすることはなく、借り入れの限度額や返済方法といったものも、ほかの金融サービスと何ら変わりありません。
その大きな特徴となっているのは、担当者にほぼ女性スタッフがあたってくれて、気軽に利用できるように配慮されているという点でしょう。
そして、まず申し込みの際に抵抗がないよう配慮され、プライバシーが守られるようして、相談などにも女性スタッフが応じてくれるようになっているのです。
レディースローンの内容は、金融機関によっていろいろ異なっているようなので、申し込みの際によく確認するようにしたほうがいいでしょう。

個人事業主用ローンでお金を借りる

カードローンなどを使ってお金を借りる際には、安定した収入があることというのが、最初の大きな条件となってきます。
しかし、お金を借りたいという人は、月給制で収入を得ている人ばかりではありません。
自営業など個人で事業を営んでいる人には、収入の多い月と少ない月の差が激しい人などもいます。
そのような人でも、年収に換算して、借りることのできるサービスもありますが、急にまとまったお金が必要になったというときには、借り入れ限度額に引っかかってしまい、借りることができないことがあります。
そこで、個人事業主などが仕事で大きな金額を借りたいといったときは、中小企業を対象とした融資を行っている金融機関があるので、これを利用すると便利です。
また、個人事業主を対象としたビジネスローンというものもあります。
これは、多くの場合、カードローンとして提供されているので、利用条件を確認してみるといいでしょう。
ビジネスローンの特徴は、担保が必要な融資と比べると、金利がやや高く設定されている点です。
ただし必要なときに限度額までは自由に借りられるので、緊急に事業用の資金が必要になったときなどはたいへん便利です。
ただし、金利のことを考えると、短期間に返済できる目途があるときにだけ利用するようにしたほうがいいかもしれません。
ほかに、利用条件が有担保とされている個人事業主用のビジネスローンもありますが、このビジネスローンの場合、借入れ可能な金額が大きく設定され、金利も低くなっていても、不動産や有価証券といったものが担保として必要となるため、よく考えて利用することが必要です。

金融機関の大口融資でお金を借りる

事業などをはじめるときにお金を借りる必要があれば、まず頭に浮かぶのが銀行などの金融機関の利用でしょう。
銀行は、最近は個人を相手とした小口の融資にも力を入れていますが、もともとは会社などを相手とした大口の融資のほうを得意としています。
もし、大金をどうしても用意しなければならないとなると、まずは銀行などの金融機関に相談してみることからはじめるのが常道となっているようです。
たとえば、法人の代表者が個人として消費者金融のカードローンを利用してお金を借りる場合は、総量規制というものの規制を受けてしまうため、どんなに大口でも収入の3分の1までの金額までしか借りることができません。
もし、年収900万円という人が利用すれば、300万円までが利用限度額になります。
目的別のローン以外でそれ以上のお金を借りようとすると、なかなか難しいことになります。
しかし、銀行系のカードローンなどの場合、総量規制の規制を受けずに借り入れができるものがあるのです。
銀行は貸金業ではないため、総量規制は適用されません。
そこで、まず銀行系でカードローンサービスを提供しているところを見つけて、詳細な条件などを聞いてみることをお勧めします。
銀行系のカードローンには、大口での融資が期待でき、しかも大口になるほど低金利になるといった特徴があります。
それに、急に資金が必要となった場合に利用できるので、長方するサービスともいえます。
ただ、利用限度額については銀行によりさまざまなので注意が必要です。
利用限度額については、比較サイトを使って、各銀行のサービス内容から比べてみることができるので、これを利用するといいでしょう。
ほかにも、事業用資金を目的とする融資もありますが、条件などが厳しくなるので、細かい条件もチェックしてきちんと把握したうえで利用することが大切になってきます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

お金を借りる目的

NO IMAGE

お金を借りることができる場所・店舗!お金はどこで借りる?

NO IMAGE

お金を借りるときに知っておくべき基礎知識