健康的に太りたい!太れない原因とは

「痩せたいんだけど、何か良いダイエット方法ある?」厚手のコートを着なくなる季節になるとよく聞く言葉。逆に「太りたい!」は滅多に聞かない、男性も女性も言えないだけでそう思ってる人結構いると思う。

太れない原因は様々ですが健康的に標準体重目指して行きましょう。

痩せすぎは大きな悩み

いくら食べても太らないのが悩み!?羨ましすぎる、太りたいなんて口にしたら嫌味にしか取られないから迂闊に他人に言えない(-_-;)
だけど痩せすぎって結構深刻な悩みなんです、痩せ過ぎていると体が疲れやすかったり体力回復も遅い、脂肪や筋肉量が少ないから血行不良や冷え性の原因になったり女性だったらホルモンバランスが崩れて女性としての健康も損なってしまうし、ガリガリだと女性としての魅力も感じてもらえなかったりして良いこと無い。
男性もそう痩せてて健康だとしても弱々しく病気がちに見えるし肋骨が浮き出るほど痩せた体は他人より自身が嫌でたまらないことでしょう。

太れない原因は何?

遺伝的要素

遺伝的要素が関係している人は時間がかかっても遺伝だと諦めずに地道な体質改善で太れる体を作る。

睡眠不足

睡眠不足は寝ている時に分泌されている成長ホルモンを減少させてしまうのでシッカリ睡眠を取りたいところですがこの成長ホルモンが1番出てる時間って22時から2時なのでなかなか厳しいところです。

ストレス

強いストレスも消化器官を弱らせてしまい栄養吸収の効率を悪くしてしまいます。ストレスって知らず知らず溜め込んじゃいますもんね

食べる量が少ない

実はあまり食べていない人もいるんです、時間が無いから朝食を抜いてしまって1日2食の人、最低1日3食は心がけたいです。

胃腸が弱い

胃腸が弱いとしっかり食べていても十分に栄養を吸収する前に便として排出してしまうのでコレでは太れないので消化器官に負担をかけない食事を取りましょう。

栄養が偏っている

その他にも栄養が偏っている、噛み合わせが悪い、胃下垂、骨格異常、更には何らかの疾病を患っている可能性もあります。

褐色脂肪細胞の異常

人の体の中には褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞(いわゆる脂肪と言われている)と言う脂肪細胞があります、白色脂肪細胞というのは脂肪を溜め込む働きをしますが褐色脂肪細胞の方は白色脂肪細胞を燃焼させるんです、褐色脂肪細胞は体の中でも限られた場所に少ししか無い細胞なのですが極稀にこの細胞が非常に活発な働きをする人がいるんです、そういう人はいくら食べてもより多くの脂肪を燃焼させカロリーを消費するので太るのが難しくなってしまいます。

太りやすい食事

太りやすい食べ物といえば揚げ物やケーキ、炭酸飲料、ファストフードにラーメン・チャーハン脂質に糖質の組み合わせ、炭水化物抜きダイエットがあるくらいだから炭水化物もしっかりとれば太るはず、これらの食べ物大好きだけど実際毎回こんな食事してたら太れたとしても病気になりそうで心配だし胃腸が弱いのでお腹壊して逆効果になってしまいそうなので健康的に太れる食事を考えてみました。

胃腸にやさしい食事

太れない原因にもあるように太れない人には胃腸の弱い人が多いのでそういった人は胃腸に負担をかけず消化の良い物をバランスよく摂取してエネルギーを体に取り込みましょう。そもそも少食でたくさん食べられない人は回数を増やすことで食事量を上げ必要カロリーを取っていきましょう。胃腸の働きを向上させ消化吸収力を高めるためには消化の良い食べ物をしっかり噛んで食べることです。

消化に良い食品

りんご・バナナ等 バナナには整腸作用もあるし栄養も豊富、炭水化物も多く含んでいるのでエネルギー源にもなるのでオススメです。ヨーグルトも良いですが酸味が苦手な人にはプリンやゼリーもいいですよ。

野菜類ですとじゃがいも、里芋、山芋、大根、ほうれん草、胃腸薬の名前でも有名なキャベツは生でも煮ても効果が変わらないので重宝します。食パンの白い部分だとかうどん、風引いた時によく食べたお粥もとっても胃に優しいです。栄養の吸収率には酵素が重要になってきますので漬物、納豆、キムチ、チーズなど酵素が多く含まれている発酵食品もバランス良く食事に取り入れていきましょう。基本的に煮る・温かい食事・何度かに分けて食べるとよりお腹に優しいです。

太れる体をつくる

痩せの大食いって人もいるけれど痩せてる人って沢山の食事を摂るのが苦手な人が多い、でもまずは食べなければ始まらない。好き嫌いはせずにバランスを心がけることです。炭水化物は糖質、エネルギーの源なので毎食食べたほうが良い、タンパク質ビタミンもいつもより多く摂取するようにしましょう。また体を動かさないとお腹も減りませんから軽い運動ウォーキングなんかもして健康にキレイに太る体作りをしましょう。

太りたい女性編

骨っぽい体ってどうしても女性の魅力に欠ける気がする、しかも胸もペッタンコときたら海で水着になるのは無理、温泉で友達に見られるのすらお断り!痩せててもせめてバストアップ出来たらいいのにと女性ならではの太り方をするにはどうすればいい?
原因としては女性ホルモンの分泌が上手くされていない、血行が悪く栄養をきちんと運べていない事などが考えられます。毎日食べている食事がその人の体を作っているのでホルモンバランスを整えてくれる食品を摂取したいものです。
女性ホルモンに働きかける食品例
女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンは豆腐、納豆等の大豆製品に含まれています。ビタミン群が含まれている食品もホルモンの生成、バランスを整えるに重要な働きをします。
アーモンドやひまわりの種、植物油等に含まれるビタミンEがホルモン分泌をコントロールしバランスを整えてくれます。
マグロやカツオ、牛、鶏等に含まれるビタミンB6もエストロゲンの代謝を促してくれますので積極的に摂取したいものです。

太りたい男性編

ガリガリって言い方結構傷つく、ちゃんとご飯食べてるの?って食べてますけど!ガリガリ過ぎて怖いって・・もう暑い日も人に見られたくなくてハーパンすら履けないし海なんか行きたくないアウトドア行事は極力参加したくない、マッチョになりたいなんて言わないからせめてこの浮き出た肋骨どうにかしたい。

同時に筋肉もつけたい!という人も多いでしょう、これとっても大変です、人間が生きていく上で何もしなくても一般成人の女性で平均1200キロカロリー、男性で平均1500キロカロリーが基礎代謝として消費されますが筋肉量が増えると基礎代謝も上がるのでただ太る以上に食生活の見直しが必要になってきます、量も増やし回数も増やす勿論諦めずに毎日筋トレを続ける強い心も必要になります、私は途中で挫けましたけど・・(´ε` )
筋肉をつけるに効果的な食べ物は白米、牛豚赤身のお肉、鶏ささみ、魚類、卵、野菜も必須です。ナッツ類も良いようですのでこれらをバランス良く食べる必要があります。

太りたいまとめ

  1. 胃腸を健康にして消化・吸収を高める
  2. 食事の内容・栄養バランス等の改善
  3. 適度な運動を欠かさず基礎代謝を上げていく
  4. 睡眠をシッカリとって成長ホルモンの分泌を促す
  5. あまりストレスを溜め込まず適度に解消

太るサプリメント

頑張って食べても太れない、食べ過ぎるとやっぱりお腹を壊してしまう、毎食の栄養バランスを考えるのが面倒になってしまったなんてありませんか?こうなると食べること自体が楽しくなくなってしまいます。
食事がストレスに感じる前に足りないものを手助けしてくれる健康食品であるサプリメントを使用するのも1つの選択です。いろいろなタイプのものが販売されていますので自分に合った目的の物を探されて見てはいかがでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

おすすめのボディークリーム口コミランキング!自分にあった選び方は?

テアニン配合!夜の不安に休息サポートサプリNEMLINA(ネムリナ)の効果・成分...

NO IMAGE

モイスティーヌ式で素肌美人を目指す!肌も人生も輝き出す

バンビウィンクは効果なし!?口コミ・評判やお試し・最安値はこちら

【完全版】エッセンシャルオイル(精油)とアロマオイルの違い

NO IMAGE

ラミュー マキシマエッセンスの口コミや評価!最安値はこちら