カーボンレーザー(マックスピール)

毛穴のレーザー治療にはさまざまな種類があり、その方法、効果などはそれぞれ異なります。ここでは、私が体験し、効果を感じたカーボンレーザー(マックスピール)治療をご紹介します。

毛穴の開いている部分に、特殊な黒いカーボン(炭素)を塗りこみ、その部分にレーザーを反応させ、毛穴の凸凹を焼き縮めるという施術です。『焼き縮める』と聞くと、ハードな印象を受けますが、その効果は高いです。

カーボンレーザーでは、レーザーの熱作用により開いた毛穴がぎゅっと引き締まり、毛穴の奥の繊維芽細胞も刺激され、修復再生が始まります。
この反射的なレーザー療法によって、細胞を作り出すコラーゲンの生成も始まり、毛穴を内側から盛り上げ、更に開いた毛穴が引き締まります。

レーザーを照射されるときに、ゴムではじいたようなパチッとした刺激がありますが、我慢できない痛みではありませんし、塗るタイプの麻酔をしてくれるクリニックもあるようです。
効果は、施術した翌日には毛穴まわりがふっくらして、毛穴がだいぶ目立たなくなったのを実感しました

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

よくある毛穴の悩みをまとめてみた!毛穴の知恵袋

毛穴が開いてしまう主な原因

NO IMAGE

毛穴吸引とは?

NO IMAGE

毛穴の治療方法

NO IMAGE

毛穴の種類・タイプの見分け方

部位別!毛穴ケアの方法