注意したい化粧品の成分!使い方によっては危険な副作用も

美肌によく効く成分のなかで、強力な美肌への効果的ながありますが、その効果が強いため、肌の弱い人やアレルギーを持つ人などは注意したほうがいい美肌成分が有ります。

ハイドロキノン

例えば、ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」と言われる程、強力な美白作用を持つ成分で、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分です。

ハイドロキノンは、写真の現像に使われていて、現像していた人の肌が白くなったことから美白作用のある事が発見されました。

欧米では、このハイドロキノンが美白のための化粧品・医薬品の成分として主流となっています。

ハイドロキノンは、シミやそばかすの原因であるメラニン色素を取り去るばかりでなくメラニン生成の原因となる「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑える事で、メラニン色素の合成を阻止する作用があります。

ですが、このハイドロキノンの美白作用は大変強かったため、2001年までは医師の処方がなければ使用できませんでした。今では、規制緩和で化粧品にも配合されるようになりました。

最近では安定な改良製品も市販化されていますが、ハイドロキノンは肌への刺激が強いので、肌の弱い人が美肌や美白のためにと使う場合は注意が必要になってきます。

グリコール酸

あと、シワなどの肌トラブルに効果的な成分としてグリコール酸があります。グリコール酸とは、りんご酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種であり、肌の奥にある真皮中のコラーゲンやエラスチンなどといった細胞を増加させ真皮を厚くする成分ですので、しわの改善に効果があります。

またグリコール酸には、肌の角質を柔らかくしたり、表面の角質層を剥がして取り除く性質があります。

肌の表面の角質が厚くなってくると、皮脂の分泌する出口である毛穴がふさがれまい、ニキビなどができやすくなってしまうので、グリコール酸が配合されている洗顔料などは、古い角質層を落とし毛穴の中の皮脂を取り除いてくれますので、ニキビや吹き出物の予防・対策になります。このグリコール酸は、他のフルーツ酸とおなじように身体の中に存在するものなので、特に危険なことはありませんし、分子量がかなり小さいため、皮膚への浸透も早い成分です。しかし、水に溶かすと強めの酸性となってしまうので、肌の弱い人はアレルギーを起こすこともありますので注意してください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アリシン

NO IMAGE

尿素

NO IMAGE

ビタミンB

NO IMAGE

肌のターンオーバーに欠かせないヒトオリゴペプチド(EGF)

NO IMAGE

ビオチンの効果は?

NO IMAGE

白金ナノコロイド(プラチナナノコロイド)で絹素肌に