乾燥肌の原因と改善方法!

なぜ肌は乾燥する?

肌表面がカサカサしてしまう状態を乾燥肌と言います。乾燥肌を放っておくことによって、顔がたるみやすくなり、しわやくすみが増えて見えるので、見た目の年齢が実年齢よりも上に見えてしまい、老け顔となってしまいます。

厳密に言うと表面にうるおいがなくなってしまい、肌全体でも弾力を失ってしまい、もろくなっています。
しかし、どうして肌は乾燥してしまうのでしょうか?

これは年齢や体質、気候、環境、生活習慣の影響とも言われていますので、原因は様々です。遺伝的な部分もあるので、若い方の場合には体質によるものが大きいと思われますが、年齢を重ねていくと乾燥肌になりやすくなります。

年々、保湿を維持する為の成分であるコラーゲンの量が減少してしまって、内部にある水分もなくなってしまいます。
そのため、表面がカサカサしてしまい、肌荒れを起こします。それを放っておくことによって凸凹したあととなってシワになってしまうのです。

何もしなかったら水分は失われていくものと理解しておき、常日頃から保湿効果のあるクレンジング剤を使ったクレンジングやその他のスキンケアは欠かさず行いましょう。

寒さが増してくる秋から冬にかけては、空気が乾燥してくるとともに、お肌も乾燥しがちになってきます。

また最近では、エアコン影響もあってか、季節に関係なく乾燥肌に悩む方も多くなっていますね。

肌の乾燥は、美肌にとって最大の敵です。なぜなら、美肌の源は肌のみずみずしさにあるからです。

お肌にたっぷっりと水分を含んだ美肌でなければ、肌のバリア機能も低下してしまいますし、肌の新陳代謝も鈍って、肌トラブルを起こし易くなってしまうからです。

美肌にとって、肌の水分量が減ってしまうことは致命的。肌を乾燥させて水分を失ってしまっては、美肌を作ることは出来ないのです。美肌の大敵である、肌を乾燥させてしまう原因は、いくつかあります。

肌が乾燥すると、どうなる?

普段から、乾燥肌で悩んでいるあなた。お肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下してきてしまいます。
この、肌のバリア機能はいつまでも美肌を維持していくのには、もっとも重要な肌機能の1つです。
なぜなら、肌のバリア機能は美肌を蝕む紫外線や汚れなどからくる肌トラブルからあなたのお肌を守ってくれるのと同時に、美肌の象徴である肌のうるおいを、外に逃げないように、乾燥から守ってもくれてうるのです。
健康な美肌は、肌の乾燥を防ぐために皮脂が膜のように肌の表面を覆って、その下にある角質細胞に含まれる水分を閉じ込めています。
またそのような美肌の表面は、角質細胞の大きさもそろっていて、それぞれの細胞がしっかり結びついているので、紫外線や汚れなどの外部からの刺激が、肌の内部に入り込むのを遮断して、肌トラブルを未然に防いでくれます。
しかし、肌が乾燥してしまうと角質細胞がめくれ上がってしまい、その隙間から水分が逃げるだけでなく、紫外線や摩擦による刺激が肌の内部に入り込んでしまいます。するとお肌は、その刺激の影響で肌細胞が生まれ変わるサイクル(肌のターンオーバー)を
狂わしてしまい、角質細胞が不ぞろいになってしまうため、一段と隙間ができて、乾燥しがちな肌になってしまいまうのです。

肌が乾燥する原因

気候による肌の乾燥

気温が下がって寒くなってくると、体温を保持するために皮膚の表面の血管が縮むため血流量が減ります。そうすると、肌細胞に栄養が運ばれなくなり、皮脂の分泌が少なくなってしまいます。皮脂の分泌が少なくなると、肌の表面のバリアがなくなり、空気も乾燥しているので、水分が蒸発してしまい、肌が乾燥してしまうのです。また肌に栄養が充分運ばれないと、角質層の水分を保持しているセラミドも少なくなってしまい、さらに乾燥が進んでしまうのです。

洗いすぎによる肌の乾燥

美肌のためにと思って、必要以上に洗顔等で肌を洗いすぎてしまうと、美肌作りに必要な皮脂まで流してしまい、肌を乾燥させてしまいます。また、体温より高いお湯も皮脂をとかしてしまうので、洗顔はぬるめのお湯で。それに肌を乾燥させずに美肌を作るには、洗い方にも注意が必要です。ごしごし強く肌をこすっては、肌のバリア機能を壊してしまい美肌効果はマイナス。美肌のためには、肌を洗う時には、やさしく、やさしくが基本です。

間違ったスキンケア

乾燥すると、肌がかさつくので「しっとり感」が欲しいため、乳液やクリームなどの油分を多くおぎないがちですが、正しい方法で行なわないとかえって逆効果! になります。

乳液やクリームなどの油分の多いのもををいっぱいつけてしまっては、美肌に必要な水分が浸透せず、肌は乾燥したまま。乾燥した肌を美肌にするには、たっぷりの水分が必要なんですから、肌の保湿を充分に行い、水分を肌に浸透させてから、乳液やクリームを塗るのが、肌を乾燥から防いで、美肌を作る方法です。お肌は、セラミドなどの角質細胞間脂質と皮脂が少なくなることで、皮膚から水分が蒸発し、表面がカサカサになり乾燥してしまいます。

そのままほっておくと、角質層の水分を保持する力や蓄えた水分を逃さずバリア機能としての働きをするセラミドが充分な機能を果たせなくなるため、皮膚表面で一番肝心な保湿効果が低下していきます。

美肌は保湿効果が低下すると、外界からの刺激に対する保護機能も低下してますので、肌荒れが進み、敏感肌になってしまいますし、肌は表面の皮脂がすくないと過剰に皮脂を分泌するため、オイリー肌になる人もいます。

乾燥肌を治すには?

うるおいのある美肌は、水分と脂分のバランスがとれている、健康なお肌でなくてはいけませんので、乾燥しがちな肌のあなたは美肌のためのスキンケアとして化粧水などで肌の保水成分を補うのはもちろんのこと、乾燥を防ぐやめにマッサージで肌機能を高め、身体の内側からも肌が乾燥するのを防ぐようにして、あなたの肌をいつでもハリとうるおいを保った肌に変えるようにすれば、乾燥肌は自然に治っていきます。

乾燥肌の予防対策はクレンジング選びが大切

肌は特に毛穴の少ない部分が乾燥しやすいと言われています。
うるおい成分でもある皮脂は毛穴から分泌されるので、毛穴の周囲はうるおった状態が維持されやすいのですが、毛穴の少ない目の周り、くちびる、両頬、あごのあたりは乾燥しやすい部位ですので、十分なスキンケアが必要です。

では、乾燥肌を防ぐ為のケア方法はどのように行えば良いのでしょうか。

まず、クレンジングについてですが、刺激の強いクレンジング剤は選ばない方が良いでしょう。メイクをしっかり落として、必要な皮脂や角質を落とさないクレンジング剤を使用することが望ましいです。洗顔方法としてはクリームタイプの低刺激の洗顔料を使い、泡をたっぷりたてて、優しく円を描くように洗うようにしましょう。ゴシゴシ洗うと必要以上の刺激を与えて肌が荒れやすくなります。
また、洗顔料のすすぎ残しはトラブルの元ですので、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

保湿の為にパックを使ってケアをしている方もいらっしゃいますが、パックは化粧水をたっぷり含めて行いましょう。注意事項としては、長時間の放置はしないようにして、マスクが乾く直前の3〜5分くらいに外すようにしておきましょう。

女性にとっては化粧をする以上、毎日のクレンジングは欠かすことのできない作業です。
メイク落としをするにあたってクレンジングオイルを使う方もいらっしゃいます。これについては賛否両論の声があがっています。

クレンジングオイルを使うとメイクを落とすだけではなく、うるおい成分でもある必要な皮脂までも落としてしまうので、乾燥肌になってしまうという意見です。
洗浄力の強いクレンジングオイルを使うとそういったことがあるので、残念な話ですが、すべてのクレンジングオイルが優れたものとは言い切れず、場合によっては乾燥肌の原因となることがあります。

それでもそのようなクレンジングオイルを頑なに使う方は洗浄力の弱いタイプだと化粧がしっかり落ちるのか心配、という見方もあります。化粧がきちんと落ちないとターンオーバーを阻害し乾燥の原因ともなりえるので、難しい所でしょう。

乾燥肌を防ぐためのクレンジングオイルは保湿成分のあるタイプを選ぶと良いです。
洗浄力は従来のものに比べてやや弱いものの、必要な皮脂は残したままメイクを落としてくれる上、乾燥の心配がありません。また、汚れがしっかり落ちているので、洗顔の手間も省けるというメリットもあります。乾燥で肌の状態を悪化させない為にもクレンジングオイル選びにも注意しましょう。

乾燥肌の方はダメージを受けていることもあり、一般的な状態に比べて肌がとても弱くなっています。保湿力が弱い分、外部からの刺激から守るバリア機能がとても弱くデリケートです。表面にも粉がふいているような状態になっていますが、これは肌のバリア機能が弱い故にそうなっています。要はとてももろい状態に陥っているのです。

そんな乾燥してもろくなってしまった肌にはクレンジング剤にも気を配らなければなりません。洗浄力を重視した刺激の強いクレンジングは避けた方が良いでしょう。洗浄力の強いクレンジングオイルを使うことによって、メイクだけでなく、保湿成分でもある皮脂も一緒になって流れてしまい、乾燥肌を悪化させてしまいます。

乾燥肌の方には専用のクレンジングがありますので、そういったタイプのものを選ぶようにしましょう。洗浄力はやや弱いのですが、その分必要な皮脂は落とさずにメイクだけを落としてくれるので、うるおいはそのままでクレンジングができます。

また、洗浄力以外にも落とし方にも注意し、あまりゴシゴシとこすらず優しくメイクを落とすことに気を配るようにして下さい。刺激を強めると余計に肌を弱めることになります。

脱乾燥肌は洗顔やクレンジングの見直しから

乾燥肌は先天性のものと後天性のものの2つに分かれます。先天性のものに関しては専門の治療を受けて改善することができますが、後天性のものは年齢や体質、生活習慣など原因は様々ですが、今まではそれほど乾燥することがなかった、という方でも乾燥しやすい肌になることはあります。
本来なら原因を特定して、それに合わせた改善をしていくのが理想です。今までの生活の中で乾燥にさらされるような生活習慣がなかったかどうかを見直してみましょう。

年齢によるものならとにかく保湿成分となる栄養をたくさん摂ることです。特に良いのがコラーゲンやビタミンCなどでしょう。コラーゲンは年齢を重ねるごとに失われてしまいますので、食事によって摂ることをおすすめします。ビタミンCも食事で摂ることができますが水溶性が高いので、摂り入れてもすぐに体外に排出されてしまいます。サプリメントなどで日常的に摂るという方法も良いでしょう。

また、洗顔やクレンジングの方法を変えるのもたいへん効果的です。刺激の強い洗顔料やクレンジングオイルを使うとうるおい成分までも流れてしまうので、おすすめできません。
乾燥肌専用の洗顔料やクレンジング剤を使うことによってうるおいを保つことができますので、今までの洗顔料やクレンジング剤を見直してみると改善されるかもしれません。

乾燥肌を防ぐのに大切なこと

美肌を作るために、肌の乾燥を防ぐ重要なことは

  • お肌の質を高めること。
  • きちんとした保湿をすること。

美肌作りには、正しいスキンケアで肌を保湿するのはもちろんのこと、肌に必要な栄養素をすすんで摂取したり、生活習慣を見直したりして肌そのものの質を高めていくことが大切です。いつもでも、綺麗な美肌で過ごすためにも、乾燥を防いで肌をきちんとケアしてあげてくださいね。

乾燥肌の人向け!洗顔後のマッサージ

乾燥肌の人が美肌になるための方法として、肌に潤いを与えるための洗顔のあとのマッサージの方法を紹介します。

この方法は、まず顔全体にマッサージクリームをつけてから、両手の中指と薬指の腹を使い、肌の上を滑らせるように優しくさすってあげてくださいね。

マッサージする順番

  1. あごは中央から顔のラインに沿って、円を描くように指を動かします。
  2. 口角から耳の中央に向かって、円を描くように指を動かします。
  3. 目の周りは目頭からこめかみ、鼻の付け根へ向って円を描くように指を動かします。
  4. 眉に沿って、顔の内から外に、円を描くように指を動かします。
  5. 最後に活性化した肌を落ち着かせます。
    あごからこめかみへ、次に目頭からこめかみへ、額の中央からこめかみへと軽くなでます。

これを、それぞれ3回ずつ繰り返してください。

耳の下やこめかみに来たら、グッとツボを押してあげると、さらに効果的です。肌をマッサージすることで、真皮の毛細血管の血行が促進され、肌の奥の組織やリンパ線の活動が活発になるため、肌の内側から乾燥を防いできれます。

そして、マッサージが終わったら、美肌をイメージしながら、肌を乾燥させないようにすぐに保湿をしてあげれは、乾燥肌を改善することができるはずです。乾燥肌の人は、肌の乾燥させない保湿ケアを常に意識してくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乾燥肌向けクレンジングランキング!治したい人必見