韓国伝統の美容法、垢すりとは

古くなった角質層を取り除き、
美しい素肌をもたらす韓国伝統の美容法

垢すり

いまや日本のスーパー銭湯や温泉施設でも受けることができる韓国式垢すり。でも汗蒸幕など韓国伝統の美容法との組み合わせやその力強さは、本場でこそ体験できるもの!

垢すりとは

肌のターンオーバーを促し、皮膚呼吸と血行を促進

通常、肌は約28日のサイクルで皮膚の細胞が生まれ変わります。これをターンオーバーといい、体調や加齢によってその周期は長くなります。この周期が長くなるということは、体の表面に老廃物や余分は皮脂等など老化した角質層が留まってしまうということ。肌はくすみ、老化の原因となってしまいます。
この角質層を垢すり専用のタオルで取り除き、皮膚を刺激することで血液の循環と新陳代謝を活発にするのが垢すりです。
垢すり後の肌は、まさに一皮剥けたかのごとく、ツルツル!
また、血行も良くなるので、体内の老廃物や毒素も排出され、便秘やダイエット、冷え性などにも効果的。体の内側から美しくなれます。
韓国では、週に一度は垢すりをするというのも納得ですね。

汗蒸幕やキュウリパックなど韓国ならではの美容法と組み合わせたい

垢すりの前に欠かせないのが、皮膚を温めること。お風呂でも構いませんが、やはり汗蒸幕やチムジルバン、翡翠、紫水晶などといった本場ならではの韓国式サウナで体を芯から温めて皮膚をふやかし、代謝を高めておくとさらに効果がアップ!
また、垢すり後の肌はとてもデリケート。オイルやミルクで行う全身のマッサージを組み合わせれば、保湿もバッチリ!
キュウリパックや海草クリームフェイスパックなど、顔のケアも外せません。顔の産毛が気になる人は、産毛抜きもおすすめ。施術後はお化粧のノリが格段に違います。
ただし、やりすぎには注意! せっかく美しくなった肌を傷つけてしまうこともあるので、短い滞在中に何度も……は避けたいところです。

垢すりのQ&A

肌が弱くても大丈夫?

専用のタオルで力強く肌を刺激するため、皮膚の弱い人やアトピー性皮膚炎の人、肌トラブルを抱えている人などにはおすすめできません。

痛くない?

垢すりをする人の強さをはじめ、肌の強さや体調、アレルギーや怪我の有無などによって痛む場合もあります。痛みを感じる場合には、施術してくれる人に伝えましょう。

肌を痛めたりしない?

店舗によっては、オイルやミルクのマッサージとセットになっているところもありますが、垢すりだけの場合には、垢すり後にオイルやミルクで保湿をしておくとよいでしょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

足裏をマッサージするリフレクソロジーとは

NO IMAGE

韓国式サウナ汗蒸幕とは

NO IMAGE

インドの伝統的医学アーユルヴェーダとは

NO IMAGE

古い歴史を持つよもぎ蒸しとは

NO IMAGE

リラックス効果のあるハーブボールとは

NO IMAGE

天然植物成分を配合したクリームバスで美しい髪を手に入れる